ご挨拶/企業理念/経営理念

 

ダイレクター / Director


ご挨拶

代表取締役 松本 泰彦

 地域サッカー育成環境整備を夢見て横浜の子供たちの前に立ったのが1997年。あれから20年が経ちました。
 お陰さまで弊社は創業13期目に入り、2007年10月に開校したアラスサッカーセンター緑山スクールも10周年を迎えることができました。ここまでご協力いただいた保護者の皆様方をはじめ、各地域サッカー協会ならびにサッカー関係者の方々におかれましては心より御礼申し上げます。
 夏は暑く冬はとても寒さが厳しい、そして四季を肌で感じ取ることができる自然豊かなここ緑山では、毎日子供たちの成長を感じとることができます。また、嬉しいことに逞しくなったアラスOBが中心となりコーチとして戻ってきてくれていて、優秀なアシスタントコーチとして子供たちのために汗を流してくれています。スクール生たちを大切に育てる喜びを日々感じております。
 さて、サッカー日本代表の選手たちはJリーグでの中心選手はもとより、ヨーロッパなど海外のクラブで活躍する時代となりました。
 なでしこジャパンはW杯世界一、五輪銀メダルを経ていよいよ世代交代をといった難しい時期を迎えています。
 昨年のクラブW杯決勝では、順天堂大学サッカー部同期キャプテン石井氏が鹿島アントラーズ監督としてレアルマドリッドを追い詰めるといった、世界を驚かせるゲームを魅せ、アジアのサッカーが世界に通用するということを示してくれました。このことは日本サッカー界に「信じれば夢を実現できる」といった勇気を与えてくれた、そしてなにより誇り高きゲームであったと感銘を受けました。
 

 「サッカー」は今、日本中に勇気と感動、そして明るい元気を与える欠かすことのできないスポーツとして存在しています。これはまさに日本の「スポーツ文化」として根付いている証といっても過言ではありません。

 

「日本サッカー史に栄光を刻む大切な時期に。」 

 ここからは日本サッカーが独自のサッカーを確立していく大切な時代へと入っていくと信じています。
サッカーを観る、プレーをする、また伝える。そして、将来サッカー選手を夢みる子供たち、サポートされる保護者の方々。全ての人々が幸せになれるようなお手伝いをするコトこそ弊社のタスク(使命)と捉えこれからも努力してまいります。
 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


企業理念

・時代や世界の地域文化を視野にいれたニーズを先取りした提案のできる企業を目指します。
・お客様に満足していただける「ホンモノ思考」でサービスの提供に努めます。


経営理念

・顧客第一主義をモットーに「現場で本質を追及し続ける」ことをお約束します。
・健全かつ公正な経営をはかり、お客様への永続的なサポートをお約束します。

  会社概要 沿革


[商 号]

株式会社アラス・スポーツ

[本 店]

横浜市保土ヶ谷区狩場町292-89 7F

[事業所]

東京都町田市三輪緑山二丁目2132-1

[ URL]

http://www.alas.jp

[設立./沿革]

2005年 株式会社アラス・スポーツ設立

[業 種]

サービス業(教育分野)
 

━━━事業実績
■フットサル施設プロデュース・サポート
2008年 岡崎元気館フットサル場(愛知県岡崎市)
2007年 グリーンヒルズ緑山フットサルパーク
     (東京都町田市)
2006年 SCH FUTBOL ESTADIO横浜
     (横浜市泉区)
■サッカー教室プロデュース
2008年 名古屋グランパスサッカースクール岡崎校
      プロデュース
2007年 アラスサッカーセンター緑山スクール開校
2006年 横浜国際プールサッカー教室開校
2006年 横浜国際プールサッカー指導者講習会
2005年 みなとみらいスポーツパーク
      開所式記念式典
2005年 相模原市津久井生涯学習センター
      グリーンカレッジ津久井サッカー教室
      ほか


オフィシャルスポンサー/ キリンビバレッジ
オフィシャルショップ/ サッカーショップKAMO
オフィシャルコート/ グリーンヒルズ緑山フットサルパーク
オフィシャルパブリック/ 公益財団法人横浜市体育協会サッカー事業